銀行融資と内装クレジット(内装ローン)の併用

ゼロ円起業の中村です。

ゼロ円起業をフル活用する方法として、「銀行融資」と「リースorクレジット」の併用があります。

新規開業で銀行融資と内装クレジット(内装ローン)の併用

店舗開業にかかる初期費用は規模(坪数)や物件の状態(居抜きorスケルトン)、導入する機材によって大きく変わりますが、ざっくり500万円〜1,500万円ほどかかります。

このすべてを自己資金で賄えるのであればそれでもいいですが、多くの場合は資金調達が必要です。

 

特に新規開業の場合は日本政策金融公庫など銀行から創業融資を受けることが多いです。

初期費用のすべてを自己資金と融資で補える場合はそれでOK。

 

ただ、物件によってはそれだけだと資金が足りないケースがあります。

そんな時に活用したいのが「内装クレジット(内装ローン)」。

 

内装工事費をクレジット化(ローン化)することで、銀行融資で足りない必要資金を調達することができます。

こうすることで、初期費用も抑えることができるので、新規開業時の手持ち現金を確保することにもつながります。

2店舗目3店舗目で銀行融資と内装クレジット(内装ローン)の併用

次にすでに店舗を持っていて多店舗展開するというケース。

1店舗で銀行融資を受けていて追加融資でも次の店舗の開業資金が足りないという場合に銀行融資と内装クレジット(内装ローン)の併用を活用する方もいます。

融資では物件取得費や運転資金分を調達し、内装工事費や機材代金をリースまたはクレジット化するという方法です。

 

この方法を活用すると、いい物件が見つかっても資金不足で諦めることなく出店することができるようになります。

 

銀行融資とリースクレジットどちらをどの程度利用すればいいかはお客様の状況によって変わってきます。

そのため、ゼロ円起業では事前に無料でしっかりと状況のヒアリングを行い、最適な資金調達方法を提案しています。

銀行融資を受けずに内装クレジット(内装ローン)を使う

こういうケースもあります。

銀行の追加融資は難しい。でもお店を出したい、あるいは既存店のリフォームをしたいという場合は銀行融資を受けずに内装クレジットだけを使う場合があります。

 

実際にすでに店舗経営を行なっているお客様はこういう使い方をする方が結構いらっしゃいます。

まとめ

ゼロ円起業は色々な使い方ができます。

銀行融資だけでなくリース化やクレジット化、クラウドファンディングによる資金調達のサポートも行なっています。

 

私たちはやみくもに資金調達はやりません。

お客様に長く事業を続けてもらうため、売上や利益と毎月の返済額のバランスを考え、無理なく返済できる最適な調達額と調達方法を提案しています。

 

相談はすべて無料。

 

遠隔地のお客様の場合は、SkypeやZOOMなどのテレビ電話にて相談を受けることも可能ですので、下記よりお気軽にお問い合わせください。