店舗内装工事をリースクレジット化

ゼロ円起業の中村です。

ゼロ円起業で最もよく使われるのが「内装工事代のリースクレジット化」です。

今回は改めてその詳細をまとめてみます。

店舗内装工事のリースクレジット化

・内装工事は指定業者が決まっている

・既に工事が始まっている

という方にオススメです。

当初予定していた予算よりも設備や什器備品にお金がかかってしまったり、内装の追加工事が出てきてこのままだと予算オーバーしてしまうという方も活用できます。

予算からはみ出し多分だけリースクレジット化するもよし。内装や設備で支払う予定だった資金をそのまま余裕資金もしくは運転資金として留保するもよし。

どうしても開業当初は売上が少なくお金がどんどん出ていくので、しっかりと資金を手元に残しておくことが大切です。

店舗内装リースクレジット化のポイント

馴染みの内装会社でもOK

いつもお願いしている内装業者さんに内装や設備をお願いしても、ゼロ円起業の店舗内装リースクレジットなら、柔軟に対応することが可能です。

お世話になっている馴染みの業者さんを大切にしたい方には、とっても喜んでいただいています。

自己資金をできるだけ多く運転資金に回すことができる

店舗出店時の初期費用で一番大きいのが【内装工事費】です。

数百万円~数千万円かかる内装工事費を自己資金で支払ってしまうと、運転資金が殆ど残らないというケースがあります。

しかしリースクレジットを上手に活用していただくと、自己資金をできるだけ残して運転資金に回すことも可能です。

特に開業直後は現金がどんどん減っていきます。そうすると、精神的にもプレッシャーとなり適切な判断ができなくなります。そうならないためにも、余裕を持った資金計画が必要です。

融資借入枠を温存し、2店舗目や困った時に使用することも可

銀行からの融資借入枠が残っている場合でも、リースクレジットを活用することでその借入枠の金額を内装や設備資金として使用せずに、温存しておくことで2店舗目などの多店舗展開時の費用としてとっておくことも可能。

融資による借入は「長期借入金」と経理上も表記されますが、リースやクレジットは経費として処理できる場合がほとんどです。借入金の多い会社より少ない会社が好まれます。

ゼロ円起業は離島以外はほぼ全国対応だからとっても便利!!

ゼロ円起業は全国対応しています。

遠隔地の方の場合は、テレビ電話やメールなどでやり取りをしています。

お客様には可能な限り【テレビ電話(skype、ZOOM、LINEテレビ電話、googleハングアウトなど)】で打ち合わせしております。

私がお客様の立場になった時、顔が見えない電話やメールだけだと不安なのと、相手が本当に信用できる人なのかどうかがわからないからです。

そのため、遠方の方の場合はできる限りテレビ電話で顔が見える打ち合わせをしています。

また、本契約時は弊社担当者が直接お伺いするか、ゼロ円起業が提携している会社の担当が書面を直接取りに行く場合もあります。

まとめ

初期費用を捻出する際に、自己資金と融資だけでなんとかしなければと考えがちですが、リースクレジットも活用することで資金計画の幅が広がります。

リースクレジットを上手に活用して経営に活かしていただければと思います。