内装工事費の分割払いはどの業種でもできます

ゼロ円起業の中村です。

内装工事費のクレジット化(分割払い)は飲食店や美容室だけでなく、どの業種でも対応可能です。

今回はこれまでお手伝いしてきた他業種の事例をご紹介します。

一般オフィスの内装工事費分割払い

一般オフィスの移転でオフィス内装工事の分割払いの依頼をいただきました。

オフィス家具やOA機器も分割払いの対象にできます。

<分割払いの対象となったもの>

・床・壁・天井の内装工事費

・エアコン

・トイレ

・照明

・パーテーションやデスク、応接セットなどのオフィス家具

・パソコンや複合機などのOA機器

など

ワンポイント

オフィスのすべてが対象になると思っていただいて構いません。

パソコンや複合機などのOA機器はもちろん、パーテーションなども対象です。

ちなみに商品の指定はありませんので、このお客様はすべての商品をご自身で選びました。

保育園の内装工事費分割払い

保育園の場合でも基本は同じです。

<分割払いの対象となったもの>

・床・壁・天井の内装工事費

・エアコン

・トイレ

・照明

・遊具

・バックヤードのパソコンや複合機などのOA機器

など

ワンポイント

保育園の場合、遊具も分割払いの対象になります。

また、中古でも新品でもどちらでも構いません。

エステサロンの内装工事費分割払い

エステサロンも内装クレジットをお使いいただけます。

<分割払いの対象となったもの>

・床・壁・天井の内装工事費

・エアコン

・トイレ

・照明

・ベッドなどの什器備品

・エステの機械類(痩身の機械など)

・パソコン

・電話

など

ワンポイント

エステサロン全般に言えることなのですが、この業界は信販会社の審査が通りにくい業界です。

そのため、審査の際、しっかりと事業計画書も作成して審査用紙に添付し、事業の将来性もアピールしました。

結果、希望していたものすべてを分割払いにすることができました。

まとめ

内装工事費の分割払いは基本どの業種業界でも使うことができます。

また、創業時に限らず店舗のリニューアルや移転時でも使えます。

信販会社によって審査が通るもの通らないものというのがあるので、どういう内容で分割払いをしたいかなどお気軽にご相談ください。